陰茎のイボはコンジローマの疑いあり

コンジローマとは性器にイボができてしまう病気です。
イボの形状はカリフラワーのような、乳頭のような形をしたものです。
それが複数性器にできてしまうので、見た目にも気持ちの悪いものです。

イボは外科的手術で切除できますが、コンジローマのウイルス自体は簡単に取り除くことはできません。
3ヶ月以内に約25%が再発する病気といわれています。

コンジローマはあらゆる性行為で感染します。
また性行為でなくとも皮膚や粘膜の傷口から感染することもあります。
そのため自分に症状が出た時、パートナーも感染している可能性が高いのです。
相手に症状がなくても、コンジローマの症状は数ヶ月経ってから出る場合もあるので注意が必要です。

それ以上感染を拡大させないために、またパートナーを守るためにもただのイボだと楽観視せず、「陰茎のイボはコンジローマの疑いがある」とまず思うことが大切です。

具体的には、性行為などで感染した日から発症までおおよそ3週間~8ヶ月間の潜伏期間があり症状がでます。
コンジローマの検査をすることができるのは、発症してウイルスを採取できる状態になってからになります。

治療は電気メス、レーザーによる焼却法、液体窒素による凍結療法などでイボを切除します。
それ以外に、ベセルナクリームという軟膏を塗布する方法もあります。
外科的処置と違い長期間塗布を続けなければならないのですぐに効果が出ず「ベセルナクリームが効かない」と思い込んでしまう方もいるのですが、ベセルナクリームを塗って数日でイボが消えていくような変化があるわけではありませんので注意しましょう。
大切なのは、医師からの説明をよく聞き、自分でも病気について広く情報収集をすることです。
長期間の潜伏期間のある病気ですから誰にでも感染する疑いのある病気だということをよく知り、早めの治療を心がけましょう。

↓ヘルペスの治療をするならこの薬
ネット通販で性病治療!バルトレックスなら完治できる